skip to content skip to footer

Changwon Environmental Capital

「環境首都昌原」の未来

微小粒子状物質による大気汚染度単位 : ㎎/㎥ 二酸化窒素による大気汚染度単位 : ppb

微小粒子状物質、二酸化窒素による大気汚染度
Fine dust Degree of Pollution Currently 46㎎/㎥ Year 2015 40㎎/㎥ Year 2020 35㎎/㎥ , Nitric dioxide Currently 17ppb Year 2015 16ppb Year 2020 15ppb
昌原市民は、東京(日本)、パリ(フランス)の空気よりも澄んだ空気を吸い込めるようになり、昌原上空に汚染気塊はほとんど見られないでしょう。
微小粒子状物質、二酸化窒素による大気汚染度
Fine dust Degree of Pollution Currently 46㎎/㎥ Year 2015 40㎎/㎥ Year 2020 35㎎/㎥ , Nitric dioxide Currently 17ppb Year 2015 16ppb Year 2020 15ppb
昌原市民は、東京(日本)、パリ(フランス)の空気よりも澄んだ空気を吸い込めるようになり、昌原上空に汚染気塊はほとんど見られないでしょう。
屋上緑化
Currently 2% under, Year 2015 10%, Year 2020 20%
働く人々がビルの屋上庭園で談笑したり、つながる緑地を行き来する野生動物を見かけたりできるでしょう。
自転車道路の延長
Currently 214km, Year 2015 300km, Year 2020 400km
市内全地域に配備された公用自転車に乗り換え、ちょっとした用事をこなしたり出勤をする光景は日常になるでしょう。
  • 生活廃棄物のリサイクル率
    Currently 43%, Year 2015 50%, Year 2020 60%
  • 生ごみの資源化率
    Currently 56%, Year 2015 60%, Year 2020 70%
  • ごみ分別があまり進んでいない一戸建て住宅街でも最近のマンション地区以上に完璧なごみの分別でほとんどのごみはリサイクルされ、分別された生ごみは資源化施設に送られます。
新再生可能エネルギー使用率
Currently 1%under, Year 2015 5%, Year 2020 6%
各家庭の屋根にはソーラーパネルが見られるようになり、余剰電気は買い取りしてもらい収入を得る家庭もできるでしょう。
学校の環境教育科目選択
Currently 20%, Year 2015 30%, Year 2020 50%
多くの学校で環境教育が履修科目となり子供たちに指導するので、幼い頃から環境の重要性を認識することができるようになります。